騒音対策をする

軽食

マンションへ住まわれる際、ピアノを部屋に持ち込みたいと考えた時に、「ピアノ可」や「ピアノOK」と書かれているからといって、安心はできません。それは単に、重いピアノを部屋に入れても良いというだけの意味であるかもしれません。また、「防音」と書かれていても、安心することはできません。防ぐのはあくまで生活音程度である可能性があります。ピアノを弾く人にとって、防音対策は大きな問題です。弾く人にとっては素敵な音色でも、近隣住民にとっては騒音でしかない場合もあります。ご近所との付き合いを円滑にすることを考えても、騒音対策はしっかりしておかなければなりません。 これまでピアノの音を騒音にしないため、騒音対策のために、たくさんの防音グッズが販売されてきましたが、どれも完璧とは言えません。

一戸建ての騒音対策についてですが、窓を二重サッシにするというものがあります。二重サッシで防音対策を行う場合、ガラスとガラスとの間を10センチ以上あけることが重要とされています。 マンションの騒音対策に関しては、振動音のことも考えなければなりません。ピアノの音や振動は特に階下に伝わりやすく、階下へのしっかりとした防音対策が必要です。 マンションに関しては振動音さえクリアすれば、最近建てられたものであればしっかりと防音がなされているものも多くあるので、騒音対策ができることもあります。 今後はより防音について考えられたマンションが建てられることでしょう。しかし、隣近所への配慮をしっかり行い、念には念をいれて騒音対策をしていくことが、ご近所とのトラブルを回避するためにも必要でしょう。