快適な空間

魚も

高齢化世代の増加が続く日本の社会事情と、子供に頼らない老後を希望するシニア世代の意識に変化によって、住宅事情も変化しつつあります。そのような流れの中で現在トレンドとなっているのが、シニアリフォームと呼ばれる住宅改装です。 シニアリフォームとは、子供の独立や定年退職といった事を機に、住宅を将来に備えて大規模なリフォームを施すことです。その内容としては将来的な体の衰えに備えて、安全性の確保を行うための改装や、自分の趣味を満喫するための空間作りなどが含まれます。 養育費などから解放され、住宅のローンも返済が終わっていることが多いので、シニアリフォームは資金面で制限を受けずに施工をできることも多く、大規模な改装に繋がりやすいのが特徴です。将来の高齢者の増加予測もあって、シニアリフォームの需要はこの先も伸び続けるのが確実視されています。

予算も十分用意でき、信頼できる施工業者を見つけても、リフォームの際にはありがちな問題に遭遇して、施主が頭を抱えるケースがよくあります。そのようなケースは数え切れないほどあり、その全てに備えることは無理ですが、それでも注意をしておくに越したことはありません。 例えば問題となるケースとして、天井裏の高さの不足によってエアコンや照明器具が取り付けられないといった問題や、水道の水圧が不足していて特定の水周り設備工事ができない、といったケースがあります。 またリフォーム中は周囲の環境にも気を使う必要があります。騒音問題で近隣とトラブルになるケースがあり、その場合は他の住民と施工業者の間に、施主が入って問題を仲裁する必要が出ることもあります。